千葉県銚子にある自動車教習所の合宿コース

千葉県銚子大洋自動車教習所は海と魚の町で認知される銚子市にある自動車教習所です。

最寄駅の総武本線「松岸駅」からでは歩くと約2分とすごく近く、さらには国道356号線に面してあり、分かり易い立地の教習所です。

取得出来る免許は普通二輪・大型二輪・普通車・中型車・普通2種免許です。普通免許は通学プランと合宿プランがあります。

合宿プランの特長は個人的な事を先に考えた学校提携のあるアパートメントのお部屋が宿舎で、お食事はランチのみ支給です。

朝・夕の食事は自炊あるいは外食などおのおの食べるスタイルです。入校サービスとして犬吠埼灯台やぬれせんべいで有名な犬吠駅というものを巡る銚子観光に参加いただけます。

また、応募する人には「DHCプロテインダイエット(15袋)を進呈!」あるいは「マンツーマンで行うパソコンスクール(90分×2回)をチャレンジ!」の無料付加サービスもついています。

ついでに合宿期間を活用してボディエステでかわいいあなたに変身する女性のみのブラッシュアッププランもあります。

教習所への交通費は往復一律5,000円が供給されます。

東京駅からならばバスまたは快速電車利用により往復5,000円でお釣りが出ますよ。

東京方面の方、銚子大洋自動車教習所で免許取得に取り組んでみては。

銚子大洋自動車教習所の合宿コースの寝泊り先は?

銚子大洋自動車教習所の合宿コースの宿舎はスクールが既に契約中のレオパレスのお部屋です。

男の人と女の人は別の住居で場所も分かれています。

男の人が「レオパレスグリーンハイツ長塚」で教習所から歩き約9分、女の人の「レオパレスながしま」は教習所から歩き約6分の所に建っています。

アパートメントのルームなので周辺の方を気にせず、普段と一緒で生活できます。

家の中にはテレビ・冷蔵庫・洗濯機・ドライヤーなど暮らすのに必要とされるものが揃っています。

また食事はランチのみ支給で朝・夕はそれぞれ取ることになっているためキッチンには電子レンジやジャー、調理器具、食器類も用意しています。

そうなると食材と調味料を買い求めるだけで自炊ができると思いますね!

宿舎の周囲にはスーパーやコンビニ、飲食店も複数あって不便さはまったく思いません。

また、パソコンを持参したらオンラインも楽しめます。

1つのお部屋を仲間同士で使ってもらうツインのプランか一人で使うシングルユースのプランが存在しますよ!

女性だけのブラッシュupコースとは?

折角宿泊を実施しつつの教習です。

ブラッシュアップコースは空いている時間をフル活用してもらいたいという思いから生まれました。

合宿教習期間中、ボディエステでより魅力があるあなたにチェンジしませんか?

ブラッシュアップコースは教習を受けながら空き時間を利用して教習所から徒歩5分の「デイスパ・フェリーク」でボディエステを受けるプランです。

「デイスパ・フェリーク」は薬局のオーナーが経営しているサロンだから非常に安心、ボディエステばかりか、美と健康について色々な悩みをクリアしてくれる心強いサロンです。

ボディエステの内容は、「全身バキュームトリートメント」50分を5回、ウエスト・ヒップアップ・二の腕・太ももなど、気にかかる部分を重点的に吸引しながら、全身をマッサージします。

女性の皆さん、銚子大洋自動車教習所 合宿のブラッシュアップコースはいかがですか?

合宿免許での入校日は週に1日だけだと言えます!

銚子大洋自動車教習所の合宿コースで春休みに免許を取ろうと思っている方、入校できる日が意外と僅かですよ!

AT車限定免許もMT免許も毎週火曜日しか入校できません。さらに3月は1週ごとに金額が変わってきています。

安い日を対象にして入校を考え中なら早めに問合せをされた方が望ましいですよ。

子供にかかる学費が家計を圧迫

下の子も私立になってしまったので、月次学費を7万円払ってやらなけるばなりません。

月次の家計は大きく赤字続きです。

おまけに3月には1年分の学費も支払わなければいけませんでした。

上の子が大学2年になる学費はなけなしの決まったを切り崩しました。

一年目はなんとか遣り繰りしてましたが。

しかも、服だけでなく、今日は洗濯機が壊れてしまったので、こちらもリサイクルお店で購入の申込み手順をしました。

ようやく受験で大学受験だけで60万円近くかかり、受かってほっとしたところで、入学金を30万円から、50万円払いました。

息子が小さい頃は夫の月給内で遣り繰りもでき、ボーナスをもらえば、それを貯えに回す事もできました。

しかも、あと1か月のうちには上の子の3年目の学費の請求がきます。

本年はなんとか支払えそうですが、次年度は下の子の大学受験があります。

驚いたことに入学を辞退してもお金は戻ってきません。

私もパートで働いて遣り繰りしていますが、家計は火の車です。

めでたく二人とも行く学校が出来て安心はしましたが、お金がかかる話は続きます。

ところが上の子が大学受験が近づき、下の子が高校受験が近づいた頃から、暮らしの中でお金が心配という気持ちがでてきました。

上の子同じくに予備校にもお金が払っています。

お金がないので積み立て型の私の保険をキャンセルしようかとも腹積もりています。

けれども、息子に負担をかけたくないので、お金が足りなければ、私がもっと働こうと思っています。

もうお金が底をつきそうであせりました。

成績は悪ければ留年ですが、学費を割り引いてくれるわけでもないのですから、その子の両親はどんなに大変でしょうか。

教育クレジットをこしらえる人の心の内もわかります。

出だしは高校に二年生の上の子に予備校で60万円払い、下の子が中学3年生になった4月からは、塾代を月次7万円近く払い、受験が近づけば、住居地の富山から東京へ上の子も下の子も学校訪問で旅費交通費もかかり開始出来ました。

省コスト化のため、洋服はリサイクル店舗をできるだけ活用するようにしています。

上の子の同じ学科の子は何人も留年したそうです。

上の子は教材費も5万円ほどかかりました。

4月になれば、交通手段のため決まった券を買って剥げなければいけません。

ボーナスで赤を消してやっとです。